『ゆるマクロビ』

  • Updated
  • Posted in FOOD

『ゆるマクロビ』

今日からマクロビの話をしていこうと思います。

そして『ゆるマクロビ』とはその名の通りゆる〜くマクロビを取り入れた生活スタイルを実践可能な範囲でやっていこうというお話なんです。

継続に必要なことは「無理をしないこと!」これにつきます。

何事も厳しく制限してしまったり、こうじゃないといけないってなったりとか、頭堅く考えてしまってはなかなか続かないものです。そして、食に関する思想やルールは個々の身体の個体差は当然のことながら、仕事や習慣、年齢や性格、生活している場所や環境により異なるのは当然のことです。

その中で、少しでも体に良いことに目を向けて実践していくことは良いことですし、実際にマクロビオティックには実績があります。しかし、マクロビオティックは素晴らしい食思想であるとともに誰にでもできるものではない難しさがつきまといます。その中で背伸びをせず、無理をせず、体の状態をみてやって行っていく生活習慣としてのマクロビを、日々の営みの中でゆる〜く取り入れていこうという考えのもとに「ゆる〜くマクロビ」していきましょう。

今回は第1回目ということで、マクロビオティックとはなんぞや?というところ

マクロビとは=自然という大きな概念に身をゆだねたライフスタイル

バックグラウンドにあるのは東洋で育まれた哲学や医学の応用系が日本で昇華されたもの

具体的な実践方法は穀物類を中心とした献立法を基盤とした食事療法

であり、「日々の生活を健康的に過ごすことが最大の予防となり、病気にかからない体を作る」という東洋医学の基本、予防医療が基盤にあります。

そもそもマクロビオティックに興味を持ったあなたや私の最終目的は心も体も健康に日々を全うする事なのです。そして前述したように、マクロビオティックプラクティスの要の食に関しては万人共通の決められたメニューではなく、その土地の気候や環境、性別、年齢、健康状態などを考慮して細分化されていくものなので、思想や宗教などの制限にも柔軟に溶け込めるのです。

言葉で見ると難しく感じるかと思いますが、実際のところは元々昔から我々が営んでいた日々の生活を現代に体現する事とさほど変わりはしません。当然今までの生活からは大きくシフトしなければならなくなる人もいるでしょう。それも個人差、今どんな生活を習慣としているのかも人それぞれですよね。

Leo

Leo / 1980年岡山県出身 音楽家として、旅人として20代を過ごし、2010年渡豪、食とアートの最前線メルボルンで8年間スペイン料理を学びアートバイブスに身を浸した後、2019年Otway-Surfcoastに拠点を移す。現在は料理、音楽、サーフを生活の3つ柱に日々を営み、自然に寄り添いながら創作活動を行う。